nolink

田中 有弥
Yuya TANAKA

博士(工学)

千葉大学 先進科学センター 助教

千葉大学 工学研究院(兼担)
千葉大学 大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 物質科学コース(兼担)
科学技術振興機構 さきがけ(兼任)

千葉大学研究者情報データベース
Researchmap
ResearcherID
ResearchGate
Google Scholar


ひとこと

3年ぶりに石井研究室に戻ってきました。学生さんが報告してくれる結果はどれも新しくて興味深く、いい刺激をもらっています。これまで携わってきた有機半導体デバイスに関する研究に加えて、有機薄膜物性の研究や有機材料の特性を生かした新規デバイスの開発を行っていきたいと考えています。

パーソナルデータ

バイクは売ってしまい、通勤時間も減ったことで本もあまり読まなくなってしまいましたが、相変わらずラーメンは好きで週に一回は食べに行っています(2016年6月現在)。また2016年12月に第一子(男)が誕生しました。かまってあげようとは思っていますが、十分な時間は確保できず。YN先生のように、出勤の際に子供から「また来てね」とは言われないようにしようと心がけています(2016年12月追記)。心がけていましたが,生後8カ月半頃,1カ月海外出張して久しぶりに会うと忘れられていました.お土産を渡して一日かけて一緒に遊び,何とか思い出してもらたようです(2017年10月追記).

職歴

  • 2017年10月〜現在:国立研究開発法人 科学技術振興機構 さきがけ研究者
  • 2016年4月〜現在:国立大学法人 千葉大学 先進科学センター 助教
  • 2013年4月〜2016年3月:株式会社 ジャパンディスプレイ 研究開発本部
  • 2010年4月〜2013年3月:日本学術振興会 特別研究員(DC1)

学歴

  • 2010年4月〜2013年3月:千葉大学 大学院 融合科学研究科 ナノサイエンス専攻 博士後期課程
  • 2008年4月〜2010年3月:千葉大学 大学院 融合科学研究科 ナノサイエンス専攻 博士前期課程
  • 2004年4月〜2008年3月:千葉大学 工学部 電子機械工学科
  • 2001年4月〜2004年3月:柳商学園 柳川高等学校

所属学会

連絡先

 〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
 千葉大学 先進科学センター 理学部 2号館2階205室
 TEL: 043-290-3960, FAX: 043-290-3523
 E-Mail: y-tanaka@chiba-u.jp (←"@"を"@"に変えてご連絡ください)

論文

  1. "Negative capacitance in an organic solar cell observed by displacement current measurement"
    Koji Shimizu, Yuya Tanaka, Yutaka Noguchi, Hisao Ishii
    Journal of Physics: Conference Series, 924, 012012 (2017).

  2. "Degradation process in pentacene-based organic field-effect transistors evaluated by three-terminal capacitance-voltage measurements"
    Yuya Tanaka, Kohei Yamamoto, Yutaka Noguchi, Hisao Ishii
    MRS Advances 2, 1267–1272 (2017).

  3. "Application of wide-energy-gap material 3,4-di(9H-carbazol-9-yl) benzonitrile in organic light-emitting diodes"
    Yuya Tanaka, Takehiko Takahashi, Junichi Nishide, Yasuhide Hiraga, Hajime Nakanotani, Chihaya Adachi
    Thin Solid Films 619, 120–124 (2016).

  4. "Evaluation of internal potential distribution and carrier extraction properties of organic solar cells through Kelvin probe and time-of-flight measurements"
    Yuya Tanaka, Yutaka Noguchi, Keisuke Oda, Jun-ichi Takahashi, Hiroshi Tokairin, Hisao Ishii
    Journal of Applied Physics 116, 114503-1–7 (2014).

  5. "Three-terminal capacitance–voltage measurements of pentacene field-effect transistors during operation"
    Yuya Tanaka, Yutaka Noguchi, Michael Kraus, Wolfgang Brütting, Hisao Ishii
    Organic Electronics 14, 2491–2496 (2013).

  6. "Charge accumulation at organic semiconductor interfaces due to a permanent dipole moment and its orientational order in bilayer devices"
    Yutaka Noguchi, Yukimasa Miyazaki, Yuya Tanaka, Naoki Sato, Yasuo Nakayama, Tobias D. Schmidt, Wolfgang Brütting, Hisao Ishii
    Journal of Applied Physics 111, 114508-1–10 (2012).

  7. "Identification of different origins for s-shaped current voltage characteristics in planar heterojunction organic solar cells"
    Julia Wagner, Mark Gruber, Andreas Wilke, Yuya Tanaka, Katharina Topczak, Andreas Steindamm, Ulrich Hoermann, Andreas Opitz, Yasuo Nakayama, Hisao Ishii, Jens Pflaum, Norbert Koch, Wolfgang Brütting
    Journal of Applied Physics 111, 054509-1–12 (2012).

  8. "Capacitance-voltage measurement of an ambipolar pentacene field effect transistor in operation by using displacement current measurement"
    Yuya Tanaka, Yutaka Noguchi, Hisao Ishii
    Material Research Society Symposium Proceedings 1287, 45–50 (2011).

  9. "Impedance spectroscopy for pentacene field-effect transistor: channel formation process in transistor operation"
    Yuya Tanaka, Yutaka Noguchi, Michael Kraus, Wolfgang Brütting, Hisao Ishii
    Proceedings of SPIE 8117, 811713-1–8 (2011).

  10. "Displacement current measurement of a pentacene metal–insulator–semiconductor device to investigate both quasi-static and dynamic carrier behavior using a combined waveform"
    Yuya Tanaka, Yutaka Noguchi, Michael Kraus, Wolfgang Brütting, Hisao Ishii
    Organic Electronics 12, 1560–1565 (2011).

  11. "Mechanism of hole accumulation at α-NPD/Alq3 interface studied by displacement current measurement"
    Naoki Sato, Yutaka Noguchi, Yuya Tanaka, Yasuo Nakayama, Hisao Ishii
    Proceedings of SPIE 7051, 70511S-1–7 (2008).

  12. "Does giant surface potential modify the performance of Alq3-based OLED?: voltage shift and charge traps induced by light irradiation"
    Yutaka Noguchi, Naoki Sato, Yuya Tanaka, Yasuo Nakayama, Hisao Ishii
    Proceedings of SPIE 7051, 70510K-1–8 (2008).

  13. "Threshold voltage shift and formation of charge traps induced by light irradiation during the fabrication of organic light-emitting diodes"
    Yutaka Noguchi, Naoki Sato, Yuya Tanaka, Yasuo Nakayama, Hisao Ishii
    Applied Physics Letters 92, 203306-1–3 (2008).

特許

  1. Japan Display Inc., Display device, 15016385, 2016-05-02.
  2. 株式会社ジャパンディスプレイ,表示装置及びその製造方法,特願2015-160136,2015-08-14.
  3. 株式会社ジャパンディスプレイ,表示装置及び表示装置の駆動方法,特願2015-120196,2015-06-15.
  4. Japan Display Inc., Organic electro-luminescent display device, 14679331, 2015-06-04.
  5. 株式会社ジャパンディスプレイ,表示装置,特願2015-021150,2015-02-05.
  6. 株式会社ジャパンディスプレイ,有機EL表示装置,特願2014-078983,2014-04-07.

受賞

  1. 第3回 有機分子・バイオエレクトロニクスの未来を拓く若手研究者討論会 "ベストプレゼンテーションアワード" (2012年8月)
  2. The 8th International Conference on Nano-Molecular Electronics (ICNME2008) "Outstanding Poster Presentation Award" (2008年12月)

外部資金

  1. 2010年度〜2012年度:日本学術振興会 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費(10J07042)
  2. 2010年度:公益財団法人 東電記念財団 国際技術交流援助(10-050)
  3. 2016年度(〜2017年度):日本学術振興会 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援(16H06670)
  4. 2017年度〜2019年度:日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B)(17K17640)
  5. 2017年度:公益財団法人 中部電気利用基礎研究振興財団 国際交流援助(前期分)(E-29174)
  6. 2017年度〜2020年度:国立研究開発法人 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)(JPMJPR17R6)

講義

  • 2016年度:ナノ物性科学実験I(T1-2・火3,4,5・学部3年),物理学基礎実験I(T4-5・火3,4,5・学部1年),ナノ物性科学実験II(T4-5・火3,4,5・学部3年),先進科学セミナーIB(T4-5・木1・学部1年(ベクトル解析,電磁気学))
  • 2017年度:ナノ物性科学実験I(T1-2・火3,4,5・学部3年),分子物理学特論供T1-2・金3・大学院)物理学基礎実験I(T4-5・金3,4,5・学部1年),ナノ物性科学実験II(T4-5・火3,4,5・学部3年)

添付ファイル: fileDSC_0051.JPG 119件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-30 (金) 09:10:12 (738d)