nolink

野口 裕 (English)
Yutaka NOGUCHI

千葉大学先進科学センター 助教
工学部ナノサイエンス学科 (兼坦)
大学院融合科学研究科 ナノ物性コース (兼坦)
科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任)

博士(工学)
1976年10月生

ひとこと

これまでは有機分子を超微細な電子素子として応用するために、特に単一分子を介した電気伝導に関する研究を行ってきました。今後は、有機薄膜素子等にもターゲットを広げ、新しい素子の開発やそのメカニズムの解明を目指して研究をしていくつもりです。世の中に見える形で成果を出していきたいと思います。

パーソナルデータ

最近は趣味に興じる時間がないのですが、学生時代にはバンド(担当:ベース)、スキー、釣りなどをよくしていました。卓球とけん玉とルービックキューブも大学時代に覚えました。小説を読むのが好きなのですが、最近は新書などをペラペラと読んで読書欲を紛らわしたりしています。

職歴

  • 科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任) [2009.10-]
  • 千葉大学先進科学センター 助教 [2008.4-] (改称)
  • 千葉大学先進科学研究教育センター 助教 [2007.4-2008.3]
  • 独立行政法人情報通信研究機構 未来ICT研究センター 博士研究員 [2004.4-2007.3]
  • 日本学術振興会特別研究員(DC2) [2002.4-2004.3]

学歴

  • 東京工業大学 大学院理工学研究科 電子物理工学専攻 博士課程 [2001.4-2004.3]
  • 東京工業大学 大学院理工学研究科 電子物理工学専攻 修士課程 [1999.4-2001.3]
  • 東京工業大学 工学部 電気電子工学科 [1996.4-1999.3]
  • 東京工業大学 工学部 5類 [1995.4-1996.3]
  • 千葉県立船橋高等学校 [1992.4-1995.3]
    以下略

論文(代表的なもの)

  1. Yutaka Noguchi, Yukimasa Miyazaki, Yuya Tanaka, Naoki Sato, Yasuo Nakayama, Tobias D. Schmidt, Wolfgang Bruetting, Hisao Ishii, "Charge accumulation at organic semiconductor interfaces due to a permanent dipole moment and its orientational order in bilayer devices", J. Appl. Phys. 111, 114508 (2012).
  2. Yutaka Noguchi, Toshifumi Terui, Takuya Katayama, Michio M. Matsushita, and Tadashi Sugawara, "Charge transport in various dimensions of small networks composed of gold nanoparticles and terthiophene wire-molecules", Appl. Phys. Lett. 98, 263114 (2011).
  3. 野口 裕, "トランジスタ型分子接合の作製とその電気伝導特性", 応用物理 第79巻, 第11号 1014 (2010).
  4. Yutaka Noguchi, Toshifumi Terui, Takuya Katayama, Michio M. Matsushita, and Tadashi Sugawara, "Superperiodic conductance in a molecularly wired double-dot system self-assembled in a nanogap electrode", J. Appl. Phys. 108, 094313 (2010).
  5. Y. Noguchi, N. Sato, Y. Miyazaki, H. Ishii,“Light- and ion-gauge-induced space charges in tris-(8-hydroxyquinolate) aluminum-based organic light-emitting diodes”, Appl. Phys. Lett. 96, 143305 (2010).
  6. H. Yamaguchi, T. Terui, Y. Noguchi, R. Ueda, K. Nasu, A. Otomo, K. Matsuda,“A Photoresponsive Single Electron Transistor Prepared from Oligothiophene Molecules and Gold Nanoparticles in a Nanogap Electrode”, Appl. Phys. Lett. 96, 103117 (2010).
  7. Y. Noguchi, N. Sato, Y. Miyazaki, Y. Nakayama, H. Ishii,“Higher resistance for hole injection and electric field distribution in organic light-emitting diodes with copper phthalocyanine interlayer”, Jpn. J. Appl. Phys. 49, 01AA01 (2010).
  8. Y. Noguchi, N. Sato, Y. Miyazaki, Y. Nakayama, H. Ishii,“Does giant surface potential modify the performance of Alq3-based OLED? Threshold voltage shift and charge traps induced by light irradiation”, Proc. SPIE 7051, pp. 0K-1-8 (2008).
  9. Y. Noguchi, N. Sato, Y. Tanaka, Y. Nakayama, H. Ishii, “Threshold voltage shift and formation of charge traps induced by light irradiation during the fabrication of organic light-emitting diodes”, Appl. Phys. Lett., Vol. 92, 203306 (2008).
  10. Y. Noguchi, R. Ueda, T. Kubota, T. Kamikado, S. Yokoyama, T. Nagase, “Observation of Negative Differential Resistance and Single-electron Tunneling in Electromigrated Break Junctions”, Thin Solid Films Vol. 516, pp. 2762-2766 (2008).
  11. Y. Noguchi, T. Nagase, R. Ueda, T. Kamikado, T. Kubota, S. Mashiko, “Fowler-Nordheim Tunneling in Electromigrated Break Junctions with Porphyrin Molecules”, Jpn. J. Appl. Phys., Vol. 46, pp. 2683-2686 (2007).
  12. Y. Noguchi, T. Nagase, T. Kubota, T. Kamikado, S. Mashiko, “Fabrication of Au-Molecule-Au Junctions Using Electromigration Method”, Thin Solid Films Vol. 499, pp. 90-94 (2006).
  13. Y. Noguchi, T. Kubota, S. Mashiko, Y. Wakayama, “Contribution of Metal/SiO2 Interface Potential to the Photoinduced Switching in Molecular Single-Electron Tunneling Junctions”, J. Appl. Phys. Vol. 97, 073513 (2005).
連絡先 043-290-3960
    y-noguchi@faculty.chiba-u.jp (←「@」を半角にして下さい)
    居室:理学部2号館205

添付ファイル: filenoguchi.jpg 396件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-11 (水) 12:33:58 (1853d)