[[石井研メンバー]]

石井久夫のプロファイル 

&ref(ishii-small.jpg,center,nolink);

Researcher ID:  http://www.researcherid.com/rid/E-7955-2015~
ORCID: https://orcid.org/0000-0002-7584-2769~
Google scholar; https://scholar.google.com/citations?user=fs-yMlMAAAAJ&hl=ja&oi=ao~
publons: https://publons.com/researcher/2413060/hisao-ishii/~

千葉大学先進科学研究教育センター・教授~
大学院融合科学研究科ナノサイエンス専攻ナノ物性コース・教授~
千葉大学工学部ナノサイエンス学科・教授~
ひとよんで、"日本一背の高い(194 cm) 化学者、または日本最大(?)の化学者"~
(The tallest chemist in Japan)~
現在の趣味:釣り、自転車、読書、新作落語、コンピュータ~
かつて(?)の趣味:Mahjon, 自動二輪車~

連絡先:~
ishii130@#-NO-SPAM-#faculty.chiba-u.jp
(メールアドレスは「#-NO-SPAM-#」を削除してご利用ください.
0は数字のゼロです)

略歴
1962年(昭和37年)岡山県に生まれる。~

学歴~
# 昭和56年3月 私立淳心学院高等学校卒業(兵庫県姫路市)
# 昭和61年3月 東京大学教養学部基礎科学科第一卒業
# 昭和61年4月 東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻(修士課程)入学
# 昭和63年3月 東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻(修士課程)修了
# 昭和63年4月 東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻(博士課程)進学 
# 平成3年3月  東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻(博士課程)修了~
(理学博士、シリコンおよびその吸着面の準安定原子電子分光)[指導教官:原田義也教授]

職歴
# 平3年4月- 平成3年7月 日本学術振興会特別研究員
# 平成3年8月-平成7年3月 名古屋大学理学部化学科助手
# 平成7年4月-平成9年3月 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所界面分子科学部門(流動部門)助手
# 平成9年4月-平成13年12月 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻助手
# 平成9年4月-平成10年5月 米国ルイジアナ州立大学博士研究員
# 平成14年1月-平成18年3月 東北大学電気通信研究所助教授 
# 平成18年4月- 現在 千葉大学先進科学研究教育センター教授(大学院自然科学研究科ナノスケール科学専攻教授兼任)

専門:
有機半導体の基礎物性とデバイス科学、有機材料と無機材料の界面電子構造、光電子分光

研究業績

原著論文数:143編
総引用回数:1670回(2006年6月15日現在)
著書及び単行本所載論文:8編
学会誌解説等:17編
国際学会での口頭発表:25回(招待講演11回)
国内学会などの招待講演:20回
特許2件

学会活動
# 日本放射光学会編集員 1995年 - 1997年
# 応用物理学会、有機分子・バイオエレクトロニクス分科会幹事 1999年 - 2001年
# 日本表面科学会編集委員 2003年度 - 2005年
# 応用物理学会講演会プログラム委員 2003年4月−2006年
# 応用物理学会講演会企画運営委員 2004年4月 - 2006年
# 有機EL討論会の設立発起人、ならびに運営委員として活動中。
所属学会:応用物理学会、高分子学会、電気化学会、日本表面科学会、日本化学会、分子科学研究会

AWARDS:
	Paper Award, from Molecular Electronics & Bioelectronics Division, The Japan Society of Applied Physics. (2008)	
	Research Award, from Yuki-EL-Tohronkai (The Japan society of organic EL) (2009).
       Paper Award, the Surface Science Society of Japan, (2010).
       Japan Society of Applied Physics Fellow Award.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS