title4.jpg





このプロジェクトは、将来のCOEプロジェクトを育てる、千葉大学のCOEスタートアップ事業としてサポートされているもので、G-COE 有機エレクトロニクス高度化スクールに参画する若手研究者6名があつまり、大型有機分子の電子論の解明に向けた研究を進めています。

研究目的

大型有機分子の集合体は、有機エレクトロニクスを支える重要な要素であり、デバイス物理の解明にはその電子論の確立が急務となっています。私たちのプロジェクトでは、(i)規則配列した大型分子集合体(理想系)の電子構造、(ii)非真空雰囲気にある実際のデバイス中の大型分子集合体(乱雑系)の電子構造、(iii)デバイスの動的プロセスを支配する励起状態の電子構造、(iv)スピン状態の解明・制御を課題としてとりあげ、大型有機分子集合体の電子論を確立するとともに、従来の電子構造研究とデバイス物理との間に存在したギャップを解消し、バルク・界面電子構造に基づくデバイス物理の解明を目指しています。研究を進めるための手法としては、超高真空下で構造制御されたモデル系に対する光電子分光やシンクロトロン放射を利用した分光法を駆使した精密分光を発展させるとともに、実際のデバイスのリアルな電子構造を観測するための光電子収量分光を整備してゆきます。さらに、時間分解測定による励起状態の光学的・電子光学的分光測定法も発展させ、有機エレクトロニクスならびにスピントロニクスのデバイス物理の確立を目指します。このような大型分子集合体に関する包括的な電子構造研究の成果は、生体関連分子にも基本的に当てはまるものであり、実際にバイオ関連現象をとりあげ、(v)生体関連分子系の電子構造を観測しその機能を電子論に基づいて解明することを目指して行きます。

purpose3.jpg




プログラムメンバー

氏名所属部局・職名専門分野(学位)役割分担リンク
プログラムリーダー 
 石井 久夫
先進科学センター、融合科学研究科(兼任)・教授有機半導体物性・理学博士総括、乱雑系の電子構造観測とデバイ物性http://www.eng.chiba-u.ac.jp/outProfile.tsv?no=1392
Aryasetiawan Ferd融合科学研究科(ナノサイエンス専攻)・教授物性理論・PhD励起状態理論、スピン状態理論http://www.eng.chiba-u.ac.jp/outProfile.tsv?no=1386
唐津 孝工学研究科(共生応用化学専攻)・教授光化学・理学博士励起状態観測、時間分解測定http://www.eng.chiba-u.ac.jp/outProfile.tsv?no=1227
中村 雅一工学研究科(人工システム科学専攻)・准教授有機半導体デバイス・博士(工学)デバイス物理、デバイス物性http://mole.te.chiba-u.jp/nakamura/index.html
坂本 一之融合科学研究科(ナノサイエンス専攻)・准教授表面物理学・博士(理学)規則配列系のバンド分散、スピン偏極系http://www.eng.chiba-u.ac.jp/outProfile.tsv?no=1389
解良 聡融合科学研究科(ナノサイエンス専攻)・准教授有機半導体薄膜物性・博士(理学)電荷移動物性、界面電子構造http://www.eng.chiba-u.ac.jp/outProfile.tsv?no=1316




プログラムメンバーのH21年度の業績

各プログラムメンバーは以下のように活発な研究活動を展開しています。

  • 外部資金:
    • 石井 久夫:科研費基盤(A)(総額3340万円、H21-24)、 最先端研究開発支援プログラム(サブテーマリーダー、8800万円、H21-H25)
    • 坂本 一之:科研費基盤(A)(総額3850万円、H20-23)
    • 解良 聡:科研費若手研究(A)(総額1860万円、H20-22)
    • F. Aryasetiawan: JST-CREST(総額5000万円、H16-21)
    • 中村 雅一:科研費基盤(B)(総額1470万円、H21-24)
    • 唐津 孝:科研費基盤(C)(H20-22)
  • 招待講演数、論文数の総計
  • 国際研究集会18回、国内研究集会17回
  • 論文 40報
  • 受賞
    • 石井:有機EL討論会業績賞、日本表面科学会論文賞
output2.jpg




プログラム内の共同研究により、有機半導体単結晶のバンド分散の測定に世界ではじめて成功しました。

rubrene.jpg

新聞各紙での報道は http://www.gcoe.tf.chiba-u.jp/jp/news/post-4.html をご覧ください。

今後の活動

今後は以下の様な方向で活動を進めてゆきます。

  • 有機単結晶の精密光電子分光を様々な系へ、電子構造と電気特性の相関
  • スピン系: スピン検出器つき光電子分光装置による実験の進展
  • 実験と理論のタイアップ、分光とデバイス研究のタイアップ
  • 生体関連分子系への展開に向けて
  • 月一の国内研究者の招聘:
  • 国際ミニシンポジウム:
    • “Organic Semiconductros towards the Next”, Prof. G. Malliaras, Prof. N. Koch, Prof. W. Bruetting, etc…

20010年4月13日に開かれたCOEスタートアップ中間報告会でこれまでの活動を報告しました。

報告スライド file20100413中間報告ishii配布.pdf


添付ファイル: filetitle4.jpg 871件 [詳細] filerubrene.jpg 843件 [詳細] filepurpose3.jpg 799件 [詳細] fileoutput2.jpg 836件 [詳細] file20100413中間報告ishii配布.pdf 1845件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-11 (水) 12:33:35 (1949d)